Recent Posts

最終的にコスパが高いのは全身脱毛

脱毛を始める方の多くは、

「とりあえず安いからワキの脱毛だけやってみよう」

という考えで始められると思いますが、カウンセリングの際に勧められてVラインの脱毛や顔の脱毛をプラスしてしまうケースも結構多いです。「VIOは人気ですよ~みなさんやってます」とか、「今キャンペーンでこんなに安くこの部位が脱毛できるんです」などと言われると、ついついやってみようかな?と思ってしまうんですよね。強引な勧誘だと逆に断れても、お得感があったりみんなやってると言われると「そうなのか…」とつい流されてしまう方、少なくないのではないでしょうか。

しかし、ワキ脱毛だけなら数百円~1,000円程度で無期限で体験脱毛できても、それにVIOや顔脱毛などをプラスすると、なかなかそれなりの金額になってきます。VIO脱毛は人気のミュゼで5回60,000円(時期によって半額になるキャンペーンもやってますが定額は60,000円)、エピレはファーストプランなら2回5,000円ですが6回だと56,100円です。(ファーストプラン申込当日に6回を購入するとファーストプラン分が無料、つまり実質8回56,100円になります。)

それに対し、全身脱毛は?といいますと、人気サロンの全身脱毛6回コース料金の相場は10万円~20万円程度となっています。どうでしょうか?意外と安いですよね。もし、ワキとVIOだけ、というので済むのでしたら部分脱毛のほうがお得ですが、脱毛はやっているうちにあちこち気になる箇所が増えて行くものです。そうなりますと、最終的に全身脱毛のコスパが高いのは、やはり全身脱毛と言えるのではないでしょうか。

女性のためのおでこの脱毛

みなさん、おでこの脱毛ってしていますか?
あまり気にならない方もいるかもしれませんが、よくよく見るとうっすら産毛が生えているものです。
顔の産毛は顔色をくすませてしまったり、汚れがたまって皮膚のトラブルの原因になったりと
あまりいいことはありません。
では、おでこの産毛の処理はどうすればいいのでしょうか?
結論から言うとカミソリで剃ってしまいましょう。
最近では顔の産毛も処理してくれるエステサロンやブライダルエステなんて方法もありますが、
いちいちエステに通うのも大変なので剃ってしまうのがもっとも手軽かつ確実な方法かと思います。
他の部位とは違い、ここではシェービングクリームは使わず、化粧水と乳液を使用します。
普段から使用しているもので問題ないと思います。
まずは処理に入る前に洗顔をしっかりとします。
洗い残しが無い様に念入りに洗顔料をすすぎ落します。
その後、化粧水をつけて水分を肌全体に馴染ませたら、たっぷり目の乳液を手に取っておでこにつけていきます。
この乳液の油分が潤滑油となり、刃で肌が傷つくのを防いでくれます。
乳液を満遍なく塗ったら、その上にカミソリの刃を滑らせるようにして剃っていきます。
このとき、毛の生えている方向とは逆の方向に刃を滑らせていきますが、
決して力を入れすぎない、何度もこすりすぎないように注意して下さい。
一通り剃り終えた後は、もう一度丁寧に洗顔し保湿をしっかり行います。